不動産に関係する資格

日本の不動産に関する資格
かつては不動産業の資格と言えば、宅地建物取引主任が代表的なものであった。
しかし、バブル崩壊後その取引形態の多様化がすすみ不動産が金融商品としても扱われるようになった。

それに合わせて、資格制度も増え続けて現在では代表的なものでも以下のとおりである。

宅地建物取引主任者「国家資格」
不動産鑑定士「国家資格」
マンション管理士「国家資格」
管理業務主任者「国家資格」
司法書士「国家資格」
海事代理士「国家資格」(船舶は不動産とされているため)
土地家屋調査士「国家資格」
土地区画整理士「国家資格」
土地改良換地士「国家資格」

不動産コンサルティング技能登録者(民間資格 財団法人不動産流通近代化センター)
ビル経営管理士(民間資格 日本ビル経営管理士会)
不動産証券化協会認定マスター(民間資格 社団法人不動産証券化協会)
ファシリティマネジャー(民間資格 社団法人日本ファシリティマネジメント推進協会)
区分所有管理士(民間資格 社団法人高層住宅管理業協会)
賃貸不動産経営管理士(民間資格 財団法人日本賃貸住宅管理協会、社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、社団法人全日本不動産協会 社団法人 日本住宅建設産業協会)
賃貸不動産管理士(民間資格 賃貸不動産管理業協会):2007年から賃貸不動産経営管理士に移行
賃貸住宅管理士(民間資格 財団法人日本賃貸住宅管理協会):2007年から賃貸不動産経営管理士に移行
不動産賃貸管理士(民間資格 全日本不動産協会):2007年から賃貸不動産経営管理士に移行
不動産カウンセラー(民間資格 特定非営利活動法人日本不動産カウンセラー協会)
不動産アナリスト(民間資格 社団法人全国宅地建物取引業協会連合会)
再開発プランナー(民間資格 社団法人再開発コーディネーター協会)
住宅ローンアドバイザー(民間資格 財団法人住宅金融普及協会)
レジデンシャル・セールスプランナー(民間資格 特定非営利活動法人日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会)
ファイナンシャル・プランナー(特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、社団法人金融財政事情研究会)
補償業務管理士(民間資格 社団法人日本補償コンサルタント協会)

就職難の近年、年々受験者は増え続けて上記資格は人気の資格試験となっている。
しかし、資格があれば仕事があり、収入があるわけではない。
資格取得者も年々増え続けておりその中では熾烈な仕事に関する競争がなされている。

資格の種類

  • 不動産取引の多様化が進みに関係する国家資格は年々増加する傾向にある。代表的な宅建から補償業務管理士まで順に紹介する。